MyNote365

Office365 , OneNote , SharePoint , PowerApps , MicrosoftFlow 関連の備忘録

【SharePoint】ページ上にソースコードを表示する

f:id:tecchan365:20190907171956p:plain

ページ上にソースコードを表示する方法を、2通り記載します。

方法①:Webパーツの「コードスニペット」を使う

ソースコードを表示する方法の1つ目として、Webパーツの「コードスニペット」を利用する方法です。

ページを編集状態にし、Webパーツの追加から「コードスニペット」を選択します。

f:id:tecchan365:20190907170644p:plain

コードを入力する入力画面が表示されるので、コードを入力します。

f:id:tecchan365:20190907170909p:plain

ページを保存すると、ソースコードの表示の完成です。

f:id:tecchan365:20190907171112p:plain

方法②:Webパーツの「ファイルビューアー」を使う

ソースコードを表示する方法の2つ目として、Webパーツの「ファイルビューアー」を利用する方法です。

ページを編集状態にし、Webパーツの追加から「ファイルビューアー」を選択します。

f:id:tecchan365:20190907171313p:plain

ソースコードをアップロード、もしくはドキュメントライブラリーにあるソースコードを選択します。

f:id:tecchan365:20190907171452p:plain

アップロードが完了すると、ソースコードが表示されます。

f:id:tecchan365:20190907171626p:plain

ページを保存すると、ソースコードの表示の完成です。

f:id:tecchan365:20190907172306p:plain

以上、ソースコードを表示する方法でした。
個人的に「コードスニペット」より「ファイルビューアー」のほうが、見やすくておすすめです。