MyNote365

Office365 , OneNote , SharePoint , PowerApps , MicrosoftFlow 関連の備忘録

【SPFx】PnPjsを利用する

f:id:tecchan365:20190817101240p:plain

PnPjsを利用して、Webパーツを作成する方法です。

PnPjsをインストール

Webパーツのソリューションを開き、以下のコマンドを実行します。

npm install @pnp/logging @pnp/common @pnp/odata @pnp/sp @pnp/graph --save

@pnp/spfx-property-controls がインストールされます。

f:id:tecchan365:20190817093051p:plain

PnPjsを利用する

例として、PnPjsを利用して、サイトのタイトルを表示するWebパーツを作成してみます。

Webパーツクラスのファイルを開き、モジュールをインポートします。

f:id:tecchan365:20190817100508p:plain

WebパーツクラスのonInitメソッド、renderメソッドを修正します。

f:id:tecchan365:20190817100828p:plain

gulp serve で実行してみると、サイトのタイトルを表示できていることがわかります。

f:id:tecchan365:20190817101059p:plain

以上、PnPjs を利用する方法でした。

そのほかの使用方法等は、以下を参照ください。

pnp.github.io

github.com

PnPjs を利用して、Microsoft Graphを使用する方法は、下記を参照ください。

spblog.net